アンティーク アーコールチェアの修理

随分と間があき、久しぶりの更新です。
すっかり季節も変わり寒くなってきましたね。

さてさて、今回は椅子の修理のお話です。
患者様は、イギリスのアンティーク家具で有名なERCOL(アーコール)社の
スティックバックチェアです。
この手の家具の故障といえばホゾがきれる事がほとんどだと思います。
丸穴に対して丸ホゾを差している構造なので、経年による摩耗と、
ボンドの劣化が大きな原因となります。
何十年も前に製造されたものなので当然の現象だと思います。
むしろ、もっている方だと。

で、故障箇所はここ。



ホゾもぐすぐすでクサビも全く効いていません。
前オーナーの修理なのかボンドを塗りたくった痕跡が。
クサビを打ち直さないと直せないのでそれなりの知識と道具が必要です。

まずは木槌でとんとんと叩いて必要な箇所を外していきます。



ボンドも劣化しているので簡単に外れました。
そして、新しくクサビにの溝を入れます。



クサビというのは右のチップのようなパーツの事をいいます。
テーパーがついてるので、溝に打ち込むと先端が広がり穴にかかるという単純な技法です。
ホゾ先と穴に付着していたボンドを全て削り落し組み直します。



ボンドは2液性のエポキシを使います。
エポキシボンドは木に浸透しにくいので隙間を埋めてくれます。



そして最後にクランプで圧着して完成です。
もちろん、はみ出たボンドは拭き取りますよ◎

知識と道具があれば誰でも出来る簡単な修理なんですが、
なかなかそうもいかないですよね。

現在はトーネーットの椅子も修理しています。
また機会があればレポートしますね。

オーダーはもちろん、アンティーク 椅子の修理なども致しますので、
気軽にお尋ね下さい。

--------------------------------------------------------------------------------------

room blog→
http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→
http://olior-life.com

kanna 鉋 大工道具

 
鉋(kanna)





鉋は材を限りなく平面に加工する道具です。
単純な構造に思えて実に奥深い世界だ。
台直し、刃の研ぎ、砥石の平面調整・・・
深すぎて一言では語れません。

ここまで深い道具は他に無いかもしれない。

右から2個目の鉋は鉋の台(木部)を修正するための
鉋です。
言い換えるならば、帚の先に着いたゴミを取るための帚みたいな。

明日は1日かけて鉋の仕込みに・・・

todays music♪
Color of Jade/Uyama Hiroto
・夕方、時間を気にせずタンポポコーヒを片手に暖をとりながら
 甘いものを口にする感じ。ゆっくりいきましょうよ。


注意点 メンテナンス 


   

□ご使用上の注意点


天然無垢材は周囲の環境、温度や湿度に敏感です。
収縮や反りや割れの原因になりますので以下の点に充分ご注意下さい。
・屋外で使用しないで下さい。
・直射日光を極力避けた場所に設置して下さい。
・冷暖房器具から出る風が直接当たらないように設置して下さい。
・過度の湿度や乾燥が著しい場所に設置しないで下さい。
・床暖房が設置された床に設置される場合はクッション材等を挟んで下さい。


□水には気をつけて!


家具の表面を濡れたままにしておくと、水分によってシミになる場合があります。
水をこぼした際にはできるだけ早くふきとって下さい。
「気を使う」ということになりますが、食事をする時はランチョンマット、
グラスを使用する際はコースターを使用するなど生活をすこし丁寧にしてみるのも
わるくないと思います。
 

□キズや汚れはなくせます


オイルフィニッシュはウレタン塗装の家具と比較すればキズや汚れがつきやすいです。
小さなキズや汚れは生活上の風合いや味ですので、気にせず使って頂くのが理想です。
どうしても気になる深い傷や汚れなどはメンテナンスシステムをご利用下さい。
容易にメンテナンスができるのもオイルフィニッシュの利点だと言えます。
日頃のお手入れとして、かたくしぼった布巾で拭いて下さい。


 
  

□メンテナンス

ダイニングテーブルやデスクは2年に一度、
チェスト等の棚類は3年〜5年に一度くらいです。これはあくまで目安です。
表面のツヤが無くなってきと感じたらオイルメンテナンスをしてあげましょう。
何年も繰り返してゆくうちに、風格と味わい深い存在感出てくるのも
無垢の家具ならではの特徴です。



todays music♪
Time After Time/Chara
・原曲のカバーです。
 Charaの声は優しく包んでくれるような力をもっている。

表面仕上げ オイルフィニッシュ


 


□表面仕上げについて


wood work oliorでは家具の仕上げには
亜麻仁油から作られる植物性天然オイルを何度も塗り重ね、
丹念に拭きあげて仕上げを行います。
オイル仕上げは自然な風合いを損なわず木材を保護する優れた塗装方法で、
西洋では古くから用いられてきました。
時間が経つにしたがってオイルが木になじみ、
独特の深いツヤが出てきます。
しかし、どうしても長年使っていただくとオイルが浸透し木表の色が変化していきます。
こういった経年変化に愛着を持っていただく事で風格と味わい深さが
出た家具になっていきます。



一般的な家具のほとんどは、ウレタン塗装が施されています。
ウレタン塗装とは、合成樹脂によって木材の表面に硬い塗膜を作り、
水分や汚れから保護する方法で小学校の机を想像して頂けるとわかりやすく、
木材の自然な質感が損なわれてしまいます。
それとは逆に、オイルフィニッシュは木材の表面に塗膜を作らず、
木目に浸透し保護するため、木のもつ自然な風合いを生かす事ができます。

主にリボス(アルトボス)やオスモ(ノーマルクリア)等を使用しています。
状況に応じてその他のオイルを使用する場合もあります。


todays music♪
happy birthday/happy occasion singrs
・今日は大切な人が生まれた日です。おめでとう!
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM