舞鶴 その2 -HALLELUJAHさん訪問-

もう一つの目的地はHALLELUJAH(ハレルヤ)さん。

今年の6月にギャラリーショップをオープンされたということで、お邪魔してきました。

 

ハレルヤさんとの出会いは4年前、

MUDDYさんご夫婦より舞鶴に面白い人がいるよってご紹介いただいたのがハレルヤの河崎吉宏さんでした。

ハレルヤさんは「母から子に受け継がれる服」をコンセプトに、

1800年代から続く「LIBECO-LAGAE社」の工場で生産されるベルギーリネンを使用した服をデザイン、製作されています。

 

私も夫も服やお洒落にはとんと疎くて、

とてもコメントできるような立場ではないのですが、

初めてハレルヤさんの服を見た時、服の概念を覆されたというか、何かすごい衝撃を受けたのを覚えています。

ただのお洒落な服ではない、見ればみるほど奥が深い、面白い!のです。

 

昔々のヨーロッパの人たちが、日常の仕事着として着ていた服がイメージの源だそうです。
動きやすく丈夫で、汚れてもクチャクチャでも
ちゃんと畳まなくても良くて、お洗濯もできるような服。
デザインから縫製まで全て手作り。
手作りならではの細部までこだわり抜かれた丁寧なつくりは、実際に手にしていただくと一目瞭然です。

 

 

新しいギャラリーショップは、何と元ガソリンスタンド!

確かに外観の名残はありますが、ガソリンスタンドがこんな風に変身するなんて!

そこに目をつけた河崎さん流石です。

大きな大きな扉は実際にフランスの古い建物で使われていた物を、運んできたそうです。

 


 

中に入ると、思わずワ〜〜っと声が出るほど、素敵な空間が!

 

 

 

 

 

ハレルヤさんの世界観が空間にまで及ぶとこんなことになるのですね。

河崎さんが作り出すもののセンスは、全てにおいて半端ないです!

 

 

 

フランスを中心にハレルヤさんの服はどんどん広がっているそうです。

厳しい世界の中でも、ハレルヤさんの服が認められる理由がとてもわかる気がします。

 

お洒落でとっても優しい河崎さん、そして河崎さんを全力でサポートする奥様のゆうこさん。

今回久しぶりにゆっくりお話することができてますますお二人のことを尊敬し、好きになりました。

またオリオーと一緒に何かしましょうね。ありがとうございました。

 

HALLELUJHA

〒624-0102京都府舞鶴市志高752

http://kiwoueta.com/

 

 

舞鶴には他にも魅力がたくさんあるようです。

神戸からだと車で1時間半という近さ!

何か面白いことを発見しにまた近いうちに行きたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

・room・(ショールーム)
〒654-0048 神戸市須磨区衣掛町4-2-12-2F
Tel/Fax 078-736-5227
Mail room@olior-life.com
※営業日はこちらをご覧下さい→http://olior.jugem.jp/?cid=13

-------------------------------------------------------------------------------------

facebook→https://www.facebook.com/room-wood-work-olior-482387048453728/

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

 

舞鶴 その1 -MUDDY真泥さん訪問-

こんにちは、フキユキです。

 

先日、4年ぶりに京都府舞鶴市へ行ってきました。

今回の目的地はふたつ。

まず最初に向かったのは、

MUDDY真泥(までい)の服部克哉さんと村山朋子さんご夫婦のご自宅です。

 

豊かな自然に囲まれた場所に、

MUDDY真泥(までい)さんのご自宅と工房、そして窯があります。

ここで暮らしながら、日々おふたりの作品が生み出されているのです。

翌日からご自宅で開催される「おひろめ展」の準備でお忙しい中、快く迎えてくださいました。

 

使われていなかった「離れ」を改装されたということで中を見せていただきました。

床は杉板が全面に貼られ、引き戸を生かしたカウンターもあり、まるでお店のよう。

服部さんがコツコツと仕事の合間に作り上げていったそうです、凄い!

日当たりがよく、お庭も見渡せてとても気持ちの良いお部屋でした。

 

 

MUDDYさんの最大の特徴といえば、この西洋式薪窯!

舞鶴に移り住んだ時に、この薪窯を築窯されたそうです。

この窯で焼いた作品は、ここでしか出せない唯一無二の表情をしています。

数年前に初めてこの薪窯を見た時の感動と興奮が蘇ってきました。

 

 

窯の中を覗いてみました。

窯焚きを何度となく重ね、飛んだ釉薬などがレンガに付着し、なんとも言えない魅力的な色に変化していました。

夫はこのレンガが欲しいと本気で言ってました。

 

 

窯焚きの時に使う薪は家屋を解体した時に出る廃材を再利用することが多いそうです。

 

 

離れの隣に建つ蔵はギャラリーになっています。

服部さんが作る陶器、朋子さんが作る磁器、

異なる作風でそれぞれ独自の個性がありますが、

それらがバランスよく並べられています。

まるでお二人そのもののよう。

隠れ家のようなとても落ち着く空間。

娘たちが外で遊んでいる隙にゆっくりと見させていただくことができました。

 

 

こちらはご自宅の庭が見える窓際のお部屋。

奥行きのある和室に、たくさんの器が並べられていました。

MUDDYさんの器は和室がとてもよく似合います。

数日前にできたばかりの新作は、まだこちらには並べられてませんでしたが

工房の方で見させていただくことができました。

 

 

今回お迎えした器です。夫はコップ、私は器を選びました。

 

 

小さなテーブルと小さな椅子を並べて陽の当たるお庭でお茶したり、

犬のマロちゃんと遊んだり、

「よかったら一緒に食べませんか?」とお昼ご飯をご馳走になったり、

心温まる楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

 

ここでは暮らしと仕事がバランスよく共存しているなと感じます。

自分たちの手で生活の場所や日々の暮らしを作り出し、

せっせと働くお二人の姿はとても生き生きと輝いて見えました。

なんだか大切なことを気づかせてもらえた気がします。

 

MUDDY真泥

〒624-0124 京都府舞鶴市桑飼下142

http://muddyblues.com/#top

 

 

 

 

・room・(ショールーム)
〒654-0048 神戸市須磨区衣掛町4-2-12-2F
Tel/Fax 078-736-5227
Mail room@olior-life.com
※営業日はこちらをご覧下さい→http://olior.jugem.jp/?cid=13

-------------------------------------------------------------------------------------

facebook→https://www.facebook.com/room-wood-work-olior-482387048453728/

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

 

 

新生児フォト

 

 

 

こんにちは、ゆきです。

 

いつもolior.のフォトフレームを使っていただいている新生児フォトサービスの「BABYBOOTH」さん。

生まれたての一瞬を写真に残すこと、

そして同時に産後の必要な時期に助産師さんのケアを受けられるという素敵な取り組みです。

 

BABYBOOTHさんと出会ったのは長女が生まれた後だったので、

いつか二人目が生まれたらぜひお願いしたいなぁと願っていました。

( BABYBOOTHさんのHPはこちら→BABYBOOTH 

 

この度4月に次女のさくらを出産したのを機に、

念願叶ってご好意で撮影してくださることになりました。

 

4月末、撮影に来てくださったのは写真家の井上さんと助産師の小山さん。

お二人ともお子さんがいるベテランママさんです。

場所は・room・のお店に来ていただきました。

 

手早く撮影セットを組み、可愛い小物をコーディネートしてくださり撮影開始!

1ヶ月も満たない我が子が助産師小山さんの手で色々なポーズをとり、

写真家井上さんが絶妙なタイミングでシャッターを切る。

二人の息がぴったり!

さくらはほとんど泣くこともなく居心地良さそうでした。

撮影風景の裏側をずっと見させていただいてましたが、

お二人の子を持つお母さんとしての姿、そしてお仕事をされている姿、

強さと優しさ、大きな愛情が滲み出ていてとても素敵でただただ感激でした。

 

 

 

サクサクと手を動かしながらも常に娘や私たちのことを気遣ってくださり、

さくらがぐずったら撮影を中断して授乳タイム。

長女の一葉がぐずったら手遊び歌をして遊んでくださったり、

子育ての心配事を聞いてくださったり、

ちょっとしたことを気軽にお話しできる気さくなお二人で

安心感があって本当に楽しい時間でした。

 

さくらの体重も測ってくださり、しっかりと体重が増えていることを確認できてホッと安心もできました。

新生児は体重の増減が心配なお母さんも多いと思いますので、

一ヶ月検診までに体重を測っていただけるサービスは本当にありがたいのです。

 

さくらの撮影の後は、フィルムカメラで家族写真も撮ってくださいました。

私たち夫婦はカメラを向けられるのが苦手なんですが、

井上さんの明るいお人柄のおかげで緊張もほぐれました。

 

 

 

待ちに待った完成が写真!

 

 

 

 

 

 

 

可愛い可愛い赤ちゃんの表情や体つき、うぶ毛の一本一本さえも感じれます。

この写真を見るたびに愛しい気持ちになれます。

 

 

 

我が家の壁にもやっと家族写真を飾ることができました。

嬉しい!

 

 

我が家の宝物として大切にしたいと思います。

井上さん、小山さん、本当にありがとうございました。

 

4ヶ月になったさくらは順調に大きく成長しています。

もうあの頃のフニャフニャな姿は一瞬で過ぎてしまいました。

あの一瞬を、家族の思い出と共に残せて良かったです。

子供の「今」は本当に大切ですね。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://olior-room.jugem.jp

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior​

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

 

日本の森林問題を考える 杉の可能性



「杉の可能性」

家具屋がスケボーなんて作ってイメージ悪いんじゃないのって言われた事がある。
確かに、そうかもしれないが、違うジャンルで攻める事で、
普段「日本の木」に興味を持っていない若者や、
海外の人にその魅力や可能性を少しでも知ってもらえるかもしれない。
そうすることで、日本の木(特に針葉樹)のあり方も変わるだろうし、
もっといろんなところで日本の木を目にする時がくるかもしれない。
僕の一歩は小さな一歩かもしれないが、何もしなければ何も変わらない。
売れなくてもいい、ただ何か感じてくれる人がいればそれでいい。
何より自分が楽しいのだから。

※写真のクルーザーは杉材を使用し浮造り加工をしています。

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://olior-room.jugem.jp

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior​

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

刺激


刺激が無いと言うならば、自分で刺激を作ればいい。
面白くないと思うならば、自分で面白くすればいい。
何かを変えたいと願うならば、自分が変わればいい。

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/
 

創造においておもふこと



「一瞬の閃きと瞬発力が素晴らしいものを完成させる。」

閃きがあっても、技術や行動がなければ形にすることはできない。
形にしたいと思うからこそ、それを補うため勉強し技術を身につける。
技術があっても閃きがなければ素晴らしいものは生まれない。
閃きは才能の一部でセンスではない。

素晴らしいものが生まれる瞬間のほとんどは何のストリーもなく一瞬だ。
考えに考えたものは芸術やアートではなく実用性を伴っている。
全てではないけど、実用性を追求すると芸術的美ではなく機能としての美を備える。

毎日使うものは良く考え実用性を重視し、
見て楽しむものは芸術的感性を刺激する。

こんな思いでモノは生まれています。

素晴らしいモノとは、自分の基準を超えたものに限ります。
他人に認めてもらうことは案外簡単なことで、
自分の感覚を超えることの方がよっぽど難しい。

だからこそモノづくりは楽しい。

全ての人がそうでないとしても、楽しいからこそできるのだ。

百人に一人が最高だと言ってくれる瞬間が、
僕の創造力を支え強くしてくれる。

素晴らしいものは自身が愛するものである。

なんて、、、

婦木 佑太

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→
http://olior-life.com

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

神戸 須磨のオーダ家具屋として

 

先週の13日で、須磨の家具屋としてオープンから2年を迎えました。
1年目と同様あっという間の1年でした。

2年目を迎えられたのも、お客さんはもちろんのこと、
回りで支えてくれる知人や家族達のお陰だと思います。
改めて素敵な人たちに恵まれているなと実感します。
いつもいつも本当にありがとうございます。

そして、これからも宜しくお願いします。

wood work olior.   婦木 佑太


room bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

あじけのあるもの



履き続けて6年位のリーバイス(RED)のジーパンです。
買った時はノンウォッシュでバシバシに硬かったのが今ではこんな感じ。
味というよりこれまで履いてきた証です。
丈夫なジーパンとはいえ、しょせんは糸と糸でできた布、
破れる時は破れるし、ちぎれる時はちぎれます。





ただ、直しても格好がつくのがジーパンです。
直す価値のあるものだし、直してでも使いたい愛着があります。
ユ○クロで買ったジーパンを同じように直すかというと、何か違うような感覚。
(その感覚は個人差があります。ものはものです。)

いいものを買うとなると、それなりに価格もするけどそれ以上に価値がある。
カタチがシンプルであればあるほど、クオリティーが高く、いい味が出る。
そんなものが大好きです。
そんな全てのもの達が生活を豊かにし楽しませてくれます。

---------------------------------------------------------------------------------------

room blog→
http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

僕等の休日



愛犬のたらこです。
休みの日はたらこを連れて公園に遊びにいきます。
どんなに一生懸命働いていても、たらこも僕等にも気晴らしが必要です。
自然の中でただぼーっとするだけ。大切なことを思い返します。
たらこの毛の発色も良くなっている気がします。



いつも珈琲を入れる道具をもっていきます。
外で飲む珈琲はひと味違います。
コンロ、鍋、カップ、ミルにドリッパーなど、荷物は多いけれど、
その全ての過程があってこそ遊びで楽しいわけです。



何かに吠えたたらこ。小さい体のくせして、、、
きままに生きよう!


room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

工場からの風景



どうも、久しぶりです。
気付けば夏本番8月です。少し仕事も落ち着き花火をみる余裕も、、、
昨日は神戸の花火大会でした。これ工場からの景色です。
写真に写る水面は兵庫運河で、夜になると街灯に照らされ以外と雰囲気がでます。
1年ぶりの花火、なかなかよかったです◎
この辺もスポットなのか、大きい花火がドカンとあがると歓声があがっていました。
とりあえず夏も感じれたし次頑張ります!!

ちなみに、月が出た日はこんな感じです。



疲れが出始める夜にはたまりませんね。


room bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
9月のショップオープン日
9/2(日)・6(木)
9(日)・13(木)・15(土)
16(日)・22(土)
23(日)・27(木)
【営業時間】
日曜日:12:00-17:00
その他:11:00-16:00
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM