オリジナル キャンプスツール







「Camp stool」

良いレザーに出合ったので、
オリジナルのキャンプスツールを3脚限定で製作しました。
キャンプや釣り、旅等の相棒にいかがでしょうか?
実物はroomにてご確認頂けます。

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

Think about furniture.

「オリオーの家具について」

wood work olior. として、家具をつくり始めて約5年を迎えました。
最初はお店も持たず工場のみで、サンプル家具の製作や、友人や知り合いからの家具をつくる毎日でした。
神戸の家具屋としてお店をオープンして3年が経とうとしています。
お陰さまで沢山のお客様と出会う事ができました。
今、自分の家具がショールームに並んでいるのをみても、いいな〜と自画自賛します。
定番家具である、テーブル、椅子、ベンチなどは家具制作を初めたころのデザインそのままです。
いつになってもこのカタチが好きなんだろうとおもいます。
よく、「どんな家具を作っているんですか?」と聞かれることがあります。
とても難しい質問ですが、デザイン的なことを説明するのは出来ないので、
ハンドメイド、オーダーメード、フルオーダーといった言葉を使って説明します。

デザイン的に言うと、「シンプルな家具」になるのでしょうか?
当然間違いではありません、事実、シンプルを追求したうえでのデザインです。
シンプルといっても、とらえ方はそれぞれで、
代表的なプロダクトであげられるのが「無○良品」ではないでしょうか?
無駄をそぎ落したデザイン、製造工程や消費サイクルまで全てがシンプルです。
「消費サイクル」といった部分で取り上げてみると、
安く購入したものは長年使ったとしても、案外さっぱりと捨てられるものです。
そこの違いはとても大きく、製造工程や消費サイクルの部分では、全くシンプルではありません。
当然、製作に至るまでご依頼主であるお客様と何度も打ち合わせを重ねます。
デザイン的にシンプルを追求しているだけで、完成までの道のりはとても複雑で時間がかかり、
できるだけ消費されない長く使って頂けるよう、いろんな事に力を入れています。

例えば、本革でできた5〜8万円程のブーツで例えてみると、
買った時は、革もまだ真新しく張りのある状態で履くのにも気を使うほど。
数ヶ月たつと、自分の脚の形や歩き方に柔軟に慣れ、身体の一部のように馴染んでいく。
少々の傷や汚れも、歩くための道具としては当然のもの。
天然素材であれば、そんなリスクも味となる。
そして数ヶ月、乾いた革に栄養と艶を与えるためオイルを塗り込む。
天然素材がゆえの面倒な作業ではあるが、その工程こそが愛着をもたせる。
自分でできるのも魅力に感じる。
履いてはお手入れ、その工程を重ねれば重ねる程愛着がわき、手放すことも出来なくなる。
数年後、ソウル部分がすり減り職人に交換修理を依頼する。
依頼するまでは、修理費用が気になったりもする。
数ヶ月後、職人の手によって張り替えられてブーツを見て「早く直すべきだった」と
前向きになれる。
そして、またこれまでのように共に歩む。

これが長く使ってもらえる、ひとつのサイクルです。

ブーツのカタチ自体は何年も前から存在するシンプルなもの。
当然、作りはしっかりとした職人の手によるもの。

シンプルであるからこそ、長年使うことで格好良さが増し愛着が湧くのだと僕は考えます。
家や家具、ジーパンやジャケット、靴や財布など、いろんなものがそうだと思います。
奇抜で意匠的なものは確かに美しいし使い勝手も良い、
けれど経年による傷や汚れは、それこそ傷や汚れでしかありません。(一概には言えませんが。)
あえて使用感を出した、ビンテージ加工や、エイジング加工などはもっての他です!
自分自身が時間を共にし、自分にあった使い方をしてこそ価値があるものだと。

世の中には沢山の物が溢れかえり、消費者の判断力も変わってきているように思います。
日本の古い物や、海外のアンティークをみればそう感じます。

当然、消費者だけでなく生産者側にも問題はあります。
「これを作っていいのか?」もう一度自問自答する必要があるのではないでしょうか?

オリオーの家具や、雑貨も常に自問自答したうえでカタチにしているつもりです。
オーダー家具をつくるうえでも、ただカタチにするのではなく、
その製作過程や作業工程をできるだけ説明し、時には直接見て頂くこともあります。
そうすることで双方が納得し満足のできるもの作りが出来ると考えています。

家具はあくまでも生活の道具です。
とても丁寧に使うのもいいですが、汚れや傷を恐れず、ガシガシ使ってもよし。
実際、我が家では、ほとんどの事をテーブルの上で行います。
食事はもちろん、パソコンや書き物、靴磨きもします。
確かに大分汚れてはきましたが、自分達の生活感がここに出ているように思います。
それこそが、オリオーが提案する家具のあり方かなと、、、



One furniture change the life. 「ひとつの家具が暮らしを変える。」

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

新作 Drawer cabinet.

9106.jpg

「Drawer cabinet  NEW!

新作の
小さな引出し付きのキャビネット(電話台)です。
少し前からroomではお披露目をしていたのですが、ブログでの紹介は遅くなりました。
引出し内部はA4ファイルが十分入るサイズで仕切り板が2枚付きます。
つまみもオリジナルで製作しています。
サイズオーダーはもちろん、樹種や塗装色の変更、
つまみの種類や仕切り板の枚数も選んで頂けます。
他にもご希望に添える範囲でお応えいたします。
(展示用のため節の多いナラ材を使用しました。)

■価格
¥83,000-

■サイズ
本体:W580×D350×H750mm (長さ×幅×高さ)
引出し内部
:W450×D250mm

■素材
ナラ無垢材(ライトブラウンオイル仕上げ)

9107.jpg



9133.jpg

9145.jpg

9135.jpg

9138.jpg

各部、サイズ感や面の処理など細部にも気を配りました。

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→
http://olior-life.com

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/

オーダー家具 カップボード 食器棚


「Cup board  NEW!

新作のカップボードです。
少し前からroomではお披露目をしていたのですが、ブログでの紹介は遅くなりました。
北欧家具ではおなじみのルームディバイダー仕様で仕上げてみました。
ルームディバイダーとは部屋を仕切るための家具で、飾り棚や本棚が一般的です。
壁付けではなく部屋の中に置くため背面も美しいのが特徴です。
もちろん壁付けとしてもご利用頂けます。

セミオーダーでできる事を参考までにまとめてみました。
・樹種や塗装色の変更
・幅や高さ、上下のバランスの変更(幅には限りがあります)
・扉の化粧板をガラスに変更 引き戸に変更
・つまみを鉄ハンドルに変更するなど
他にもご希望に添える範囲であればお応えいたします。
あくまでも参考商品となりますので、これを元にご相談頂ければと思います。

■価格
¥182,000-(参考価格)
 

■サイズ
W1020×D420×H1290(長さ×幅×高さ)

■素材
ナラ無垢材(ライトブラウンオイル仕上げ)

■仕様
・上段1枚、下段左右2枚、棚板調整が可能
・棚板の追加も可能








背面など気になる方は是非roomまでご来店下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------

room blog→
http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→http://olior-life.com

新作 アトリエチェア NEW!!



「Atelier chair  NEW!

引き続き新作のダイニングチェアです。
名前はアトリエチェアにしてますが、もちろんダイニング用として使って頂けます。
小振りなためデスクや作業場回りでも使って頂けるかと思い、この名前にしました。
背板の形状はArm chairと同じですので合わせて揃えられるのもお勧めです。
座面部分が木枠から少し出ているのがポイント!!
ガシガシ使って欲しい!そんな椅子です。
ファブリック(布地)部分はお好みのものを選んで頂けます。

■価格
¥37,000- 

■サイズ
W435×D490×H750×SH435mm  (長さ×幅×高さ×座高)

■素材
ナラ無垢材(ライトブラウンオイル仕上げ)
※ナラ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)























気になる方は、是非須磨のお店・room・にお越し下さい。
実際に座ったり、触ったり、持ってみたりとして下さい。


room bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

ダイニングチェア 籐張り NEW!!

IMG_8286.JPG

「Room chair (rattan) NEW!

新作のダイニングチェア、引き続き今回は籐を編み込んだタイプをご紹介します。
籐は木と同様、使い込む程に風合いが増しいいアメ色になります。
もちろん経年変化によるたわみが出るのですが、5年はもつと言われています。

籐を編み込んだタイプかファブリック(布地+ウレタン)タイプを選んで頂けます。
ファブリックタイプは、お好みの布地を選んで頂けます。

■価格
籐張り/¥46,000-  
ファブリック/¥41,000-

■サイズ
W460×D485×H780×SH435mm  (長さ×幅×高さ×座高)

■素材
ナラ無垢材
※ナラ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)

IMG_8069.JPG

IMG_8071.JPG

IMG_8072.JPG

IMG_8073.JPG

IMG_8074.JPG

IMG_8165.JPG

IMG_8102.JPG

IMG_8133.JPG

IMG_8159.JPG

IMG_8149.JPG

IMG_8199.JPG

気になる方は、是非須磨のお店・room・にお越し下さい。
実際に座ったり、触ったり、持ってみたりとして下さい。


oom bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

オーダー家具 オリジナルチェア NEW!!

IMG_8062.JPG

「Room chair (fabric) NEW!

新作のダイニングチェアです!!
昨年の11月頃には完成しお店では見て頂けたのですが、
やっとの紹介になりました、、、
試作段階では、背の角度、座面の広さ、プロポーション、強度など、、、
悩むところだらけで、やっとのおもいで完成に至りました。

みてのとおりすっきりとしたラインで、
ファブリック(布地+ウレタン)タイプか籐を編み込んだタイプを選んで頂けます。
ファブリックタイプは、お好みの布地を選んで頂けます。

ここではファブリックタイプをご紹介します。

■価格

ファブリック/¥41,000-
籐張り/¥46,000-  

■サイズ
W460×D485×H780×SH435mm  (長さ×幅×高さ×座高)

■素材
ナラ無垢材
※ナラ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)

IMG_8077.JPG

IMG_8078.JPG

IMG_8080.JPG

IMG_8081.JPG

IMG_8082.JPG

IMG_8110.JPG

IMG_8168.JPG

IMG_8156.JPG

IMG_8150.JPG

IMG_8179.JPG

IMG_8311.JPG

気になる方は、是非須磨のお店・room・にお越し下さい。
実際に座ったり、触ったり、持ってみたりとして下さい。


oom bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

籐編みのベンチ(スツール)



「Rattan bench」

新作の籐を張ったベンチ(スツール)です。
Rope stool のロープの変わりに籐を張りました。
籐は木と同様、使い込む程に風合いが増しいいアメ色になります。
もちろん経年変化によるたわみが出るのですが、5年はもつと言われています。
編みの種類も選んで頂けることができます。(ショップにてご覧頂けます。)

■価格

W470/¥29,000- 
W600/¥34,000- 

■サイズ
W470(600)×D320×H400×SH360 (長さ×幅×高さ×座高)

■素材
タモ無垢材
※タモ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)











room bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

オーダー & オリジナル ソファ(1P)



「Low sofa (1P)」

新作ローソファの1人掛けタイプになります。
1人掛けといっても余裕たっぷりの広さになります。
もちろん自分に会ったお好みの幅でのセミオーダーも承っております。
シート部分のファブリックは通常オプションで選んで頂けます。

気になる方は是非一度、神戸須磨にある・room・(ショールーム)にお越し下さい。
前回紹介した2人掛けタイプもご覧頂けます。


■価格

SW700(1P)/¥136,000- 

■サイズ
W890×D710×H570×SH220 (長さ×幅×高さ×座高)
SW700×SD570(座長×座幅)

■素材
タモ無垢材(ライトブランオイル仕上げ)
※タモ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)










room blog
http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------

新作 オリジナル ローソファ



「Low sofa」

新作のローソファの最終モデルがついに完成しました。
図面制作から完成まで2年半の歳月を要しました。

このソファの特徴はシート部分がとても低く奥行きがあるところになります。
一見、「低すぎる?」と思うけど腰をおろした瞬間そのイメージはなくなります。
通常のソファもいいけれど、くつろぐにつれて背もたれ代わりになる事はありませんか?
それは当然のことで、日本人は低い生活を好む習慣にあります。
脚を伸ばしたり、あぐらをかいたり、寝転んでみたりと、いろんなくつろぎ方ができます。
シート部分のファブリックはお好みのものを選んで頂けます。


■価格

SW1300(2P)/¥225,000- 

■サイズ
W1490×D710×H570×SH220 (長さ×幅×高さ×座高)
SW1300×SD570(座長×座幅)

■素材
ナラ無垢材
※ナラ以外の樹種でも製作致します。(別途御見積もり)





















気になる方は是非・room・にお越し下さい。

room bloghttp://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HPhttp://olior-life.com

---------------------------------------------------------------------------------------


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM