神戸須磨のオーダー家具屋さん



wood work olior の家具

オリオーの家具は全てオリジナル家具です。
もちろんお客様のご要望に応じたオーダーも可能です。
オーダーといっても、どこまでできるのかわからいですよね?
以下、少しまとめてみました。

【オーダーでできること】
■サイズの指定(長、幅、高さ、座面高等)
■樹種の指定
■塗装方法の指定(オイル着色等)
■角や面の処理方法の指定(丸面、角面等)
■脚やアーム等の太さの変更
■ベース部分(脚)と天板のサイズバランスの変更
■布地(ファブリック)の指定
■完全オリジナル

まだまだできる事はあるのですが、これ位にしておきます、、、
よく、「ここまでできるんだ〜!!」と発見される事があるのですが、
基本的には何でもできるのがオーダー家具屋です。
もっとその楽しさを知って欲しいし、もっと自由にオーダーできる
家具屋にしていきたいと考えています。

お客様のプランに応じて無料で御見積もりさせて頂きますので、
お気軽にご来店、ご相談頂ければと思います。

-Shop info-
〒654-0048
神戸市須磨区衣掛町4-2-12 2F
tel/fax:078-736-5227
E-mail:room@olior-life.com
Open:11:00-18:00 Close:水曜日(不定休)
※アクセス方法はこちらから













room blog→http://blog.olior-life.shop-pro.jp/

olior HP→
http://olior-life.com

-------------------------------------------------------------------------------------

神戸須磨のオーダー家具屋さん



wood work olior の家具

オリオーの家具は全てオリジナル家具です。
もちろんお客様のご要望に応じたオーダーも可能です。
オーダーといっても、どこまでできるのかわからいですよね?
以下、少しまとめてみました。

【オーダーでできること】
■サイズの指定(長、幅、高さ、座面高等)
■樹種の指定
■塗装方法の指定(オイル着色等)
■角や面の処理方法の指定(丸面、角面等)
■脚やアーム等の太さの変更
■ベース部分(脚)と天板のサイズバランスの変更
■布地(ファブリック)の指定
■完全オリジナル

まだまだできる事はあるのですが、これ位にしておきます、、、
よく、「ここまでできるんだ〜!!」と発見される事があるのですが、
基本的には何でもできるのがオーダー家具屋です。
もっとその楽しさを知って欲しいし、もっと自由にオーダーできる
家具屋にしていきたいと考えています。

お客様のプランに応じて無料で御見積もりさせて頂きますので、
お気軽にご来店、ご相談頂ければと思います。

-Shop info-
〒654-0048
神戸市須磨区衣掛町4-2-12 2F
tel/fax:078-736-5227
E-mail:room@olior-life.com
Open:11:00-18:00 Close:水曜日(不定休)
※アクセス方法はこちらから

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://olior-room.jugem.jp/

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior​

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/
 

家具の見積もり

 
- 見積もり -

今週はいろんな見積もりを制作しました。
逆にいろんな見積もりもしてもらいました。
この業界では相場といった相場はあってないようなもの。
特にデザインの仕事となると見積もりをだすのは困難。
ほとんどが言い値の世界とも思える。



家具に関しては図面やモデルを制作し、材料の歩留まりを計算し
それにかかる手間を想定しおおよその値段をだす。

そんな作業の繰り返しになるときもある。
それでも、見積もり作業の中でも得る事は沢山ある。
無駄な作業なんてあり得ない。



見積もりの仕事が上手くいけばいいのだけど。

olior HP→http://olior-life.com

todays music♪
流星/PAX JAPONICA GROOVE
・星が流れる夜空なかで。

ファブリックオーダー

 
第五章 ファブリック(布生地)

オーダーの醍醐味である、ファブリックオーダーについて。
wood work olior では椅子、ソファのファブリックをお好みのカラーや
質感を選んでいただけます。

正直言ってファブリックの種類は☆の数程と思われます、
ですのでこちらで何社かメーカを厳選し、その中から選んで頂きます。

特にお勧めであるKajishinさんのフャブリックの特徴を紹介します。


シリーズ Caleido
made in italy. 63%コットン、37%リネン(麻)
表面が起毛加工されているので肌触りと高い耐久性を合わせ持っています。
そして発色の良さは抜群!!その理由として、水の違い、染料の違い、
そしてヨーロッパ諸国の人々のインテリアへの意識が高い事にあります。

シリーズ Siena
made in italy.   100%コットン
天然繊維のみにこだわり、心地良い肌触り。
縦糸に「シェニール糸」を使い独特の風合いとモダンさを表現してます。
「シェニール糸」とは、「毛虫」の意をもち技術的に非常に難しく通常の工場では
生産できない「織り」です。


caleido と siena は「心地よさ」と「美しさ」を兼ね備えた
本物のファブリックです。完全天然繊維である事も魅力のひとつです。


      


ちょっと難しいですが参考までに...



todays music♪
風とテルと自転車/半沢 武志(free tempo)
・やってくれました!!映画「シャカリキ」の音楽制作、
 そのなかでfree tempoらしい勢いのある曲を紹介。


 

家具塗装 オイル仕上げ


引き続き...

連日難しいことばかりの記事になっています...

ハンドメイド家具の良さを少しでも知ってもらえたらと思いますので
もう少しお付き合いください。


第四章 家具塗装

家具の塗装には、
まあ大きく分類して「ウレタン塗装」と「オイル仕上げ」になります。

「ウレタン塗装」
下塗り(素地と塗装を密着)・中塗り(塗膜厚)・上塗り(仕上げ)の
工程を施し塗膜をつくり保護する塗装。
作業性は良いが、ハッキリ言って木質感・素地感はほぼ失います。
小学校の机を思い出してもらえるとわかりやすいかと。

「オイル仕上げ」
亜麻仁油、ひまわり油、大豆油、アザミ油などといった植物性オイルが主流です。
ウレタンに対して塗膜をつくらず木の中に浸透し呼吸を続けさしたまま保護します。
木の素地感(木目・艶・香り)を最も生かす塗料だといえます。
人体にも優しく小さなお子さんにも安心です。



wood work olior では基本的には「オイル仕上げ」にこだわりをもっています。
ウレタンを否定するわけではありませんが、
やはり木の素地感を失なわせたり、塗膜を張り呼吸を止めたりと少し許せない
部分があります。

主に使用しているのが、
植物性無公害オイル「osmo oil (オスモオイル)」「Livos oil(リボスオイル)」
ハニーワックス「蜜蝋オイル」 浸透性「木固めエース」 などです。

オイル仕上げにも短所はあります。
どうしても水やシミに対する弱さはあり、いつまでも美しくお使い頂くためには、
使用後はこまめに布巾を湯または水で固く絞り、拭くといった面倒な事もあります。


だけどだけど、車を洗車してワックスをかける様に、
家具も手入れして長く美しく使ってあげるのもいいんじゃないでしょうか。
ヒトってわりとそんな生活好きなんですよ。






todays music♪
iyawo/omar sora
・自然のままが美しい、そんな気がします。飾り気のないまま。

板目と柾目。樹種について。


引き続き...

第ニ章 板目と柾目




製材後見られる木目のことを「板目」「柾目」といいます。

「板目」・・・木目がランダムに曲線をえがき面白く、
       一本の木からは同じ目のものがとれない。



「柾目」・・・木目が平行で均一に流れ板目に比べると反りにくい。
       木の中心(随)により近い部材。





第三章 wood work olior で使用する樹種

基本的には広葉樹を使用します。



(ブナ)・・・白く桃色がかった「白材」。



(ナラ)・・・硬く重く、木目が凛々しく、美しい。



タモ・・・軽いわりに強く、バットなどに利用。



欅(ケヤキ)・・・木目が大胆で強烈。黄味を帯びて艶がある。



ウォールナット
・・・今や高級木材。シックでカッコイイと人気の樹種。



栗(クリ)・・・欅の様に木目がクッキリしている。


主に利用する材は以上の樹種になります。
紹介した以外の樹種を利用することもあります。
チーク、メープル、チェリー、ブビンガ...等

注)各樹種の説明分は一例です。

工房では木のサンプルをご用意していますのでお気軽に
相談下さい。



todays music♪
Animal Forest/Dj Okawari
・彼の音楽はオーガニック・ヒップホップと呼ばれています。
 この曲はタイトル通り自然界の力強さや優しさが表現されています。

オリジナル家具 無垢と合板の違い

 
wood work oliorのこだわりを数日かけて紹介して
いきたいと思います。

第一章 無垢と合板の違い

「無垢」
無垢とは混じりものが無いことをいい、ソリッドともいいます。

わかりやすくいいますと山に植えられている木そのもののこと。 

長所・・・木目が美しい、温かみがあり優しく親しみやすい、
吸湿性がある、加工しやすい、傷ができても削る事ができ修復可能、
変化も味となり深みを増す...

短所・・・燃えやすい、ねじれや収縮といった変化がみられる、
乾燥により割れや変形が起こる、同一品質のものがない(長所でもある)...

「合板」
丸太をむいた単版のことをいい、プライウッド or ベニヤともいいます。

単版の繊維方向を1枚ごとに直交させ、平均強度をもった広面積の板のこと。

長所・・・同一品質のものが大量にそろう、コストパフォーマンスに優れている、
ねじれなどが少なく強度がある、成形合板といった三次元加工が可能...

短所・・・温かみがなく愛着がもてない、割れたり傷がいけば修復が困難、
再利用にむかない、厚みに規格・制限がある...

注)長所、短所共に個人的な判断です。

基本的に合板は極力使用しません。
cafeテーブルや特殊棚等の特別な場合を除いては
無垢材を使用します。

oliorが無垢にこだわる理由は、温かみや自然の香り与えてくれる、
経年変化を楽しむことができる、修復しやすく長く使える、
使用不能になっても再利用・再加工ができる、
などと良いことばかりだからです◎

一番は、温かみですね。





家具の回りに人が集まったり、
家具を中心に笑いが生まれたり、
家具が温かい時間を与えてくれたり、

そんな家具をつくっていきたいです。

wood work olior.  婦木 佑太



todays music♪
FLY/KARMA feat.OEZLEM CETIN
・こんな優しい曲を聞きながらカフェモカでも飲めば心が安らぎますね。
 実際朝はこんな感じです◎ 朝からまさにFLY!!
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM