<< サイズオーダーのアイアンラック | main | 「MUDDYとwood work olior. がつくるもの」 >>

ハイバックチェアとテーブル

IMG_2522.JPG
 

「ハイバックチェア」
 

こちらは、以前納品させて頂いたハイバックチェアになります。
こちらの家具は、嫁さんが主にお客様のご依頼を受けたため、
以下roomのブログから引用し紹介したいとおもいます。


ある日、偶然通りがかりに立ち寄っていただいたご年配の女性U様。
うちの店は急な階段を上らなければならないので、
手すりを持ってゆっくりゆっくり上がって来てくださいました。

椅子に座っていただき自然に他愛無い話になりました。
U様は美術品や家具がとても好きで昔からコレクションされているお話など
楽しく聞かせていただいてました。
そのうちに、ご自宅の窓際に置くテーブルと椅子をずっと探しているというお話になり、
先ほどから座っていただいていたテーブルと椅子をご提案させていただく流れに。

お話を聞く限りでは超がつくほど高級な家具ばかりを使われているようでしたので、
雰囲気が全く異なるうちのシンプルな家具が合うのだろうか・・・
うちので本当に良いのだろうか・・・と少し不安もよぎりました。
ですが、立派すぎる家具は重たいし本当は好きじゃないの。
こんな家具も好きなのよ。の一言で安心してご相談をお受けすることができました。

U様は背丈が小柄で、一般的な高さのテーブルや椅子だと高くて脚が少し浮いてしまうそうです。
それと、座っていると急に眠気に襲われてしまうことがあるそうで、
後ろにひっくり返るのが怖いので背もたれは肩までの高さが欲しいということでした。

安心して落ち着いて使っていただけるテーブルと椅子にするために。
靴を脱いで座ってもらったり、色々な体勢を試してもらったり、時間をかけて
U様に合う高さを一緒に考えました。

その後、いったん図面を書いてからU様のエピソードと体型を思い出しながら最終調整。

お届けしてU様に座っていただくまでは佑太さんも私もドキドキでした。

窓際に設置し、実際に座っていただき、ドキドキドキ。
「高さもちょうど良いしいい感じ。
これなら倒れても大丈夫だし、腰にクッションを置いても楽ね。ありがとう。」っと言っていただき本当にほっとしました。

そして最後に、
「あの時、嫌な顔ひとつせずにずっと私の話を聞いてくれてありがとう。」と。
私は全くそんなつもりはなく、本当に楽しくてお話をさせていただいていたのですが
そのように感じていただけたことが、なんだかとても嬉しくてあたたかい気持ちになりました。​

以上、
このように、お客様の数だけそれぞれのストーリーがあります。
この度はありがとうございました。

・room・(ショールーム)
〒654-0048 神戸市須磨区衣掛町4-2-12-2F
Tel/Fax 078-736-5227
Mail room@olior-life.com
※営業日はこちらをご覧下さい→http://olior-room.jugem.jp


IMG_2521.JPG

IMG_2529.JPG

IMG_2516.JPG

IMG_2539.JPG

-------------------------------------------------------------------------------------

room blog→http://olior-room.jugem.jp

olior HP→http://olior-life.com

olior Instagram→http://instagram.com/w.w.olior​

room online shop→http://olior-life.shop-pro.jp/
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
無料ブログ作成サービス JUGEM